So-net無料ブログ作成
検索選択

「ワールド・チャンピオン・カーニバル」が本当に開幕 [NWA vs AWA世界統一の夢]

第12戦の立川競輪場横駐車場特設リング大会が雨天中止になり
いよいよ豪華外国人選手が出場する
「ワールド・チャンピオン・カーニバル」が本当に開幕する。

この日からフレアー、マーテル、ウォリアーズ、テリーが参戦。
この日はゴールデンタイム生中継復活第1弾。
生中継用に特別試合15分1本勝負というエキシビジョンマッチ的なカード編成。
長州vsマーテルの初対決はスピード感がある好勝負。
鶴田vsフレアーはいつもの試合だったが長州の試合が良かったのでかすんでしまう。
と言ってもフレアー的ないつもの試合で鶴田にとっては不利な状況だった。
メインはファンクスvsウォリアーズの新旧対決。
ウォリアーズの猛攻にファンクスが何もできず結局は両軍リングアウト。
テレビ最初はタッグマッチのタイガーvsマスカラスの「アイドル」対決だった。

メインイベント シングルマッチ
ザ・ファンクス
vs
ザ・ロード・ウォリアーズ
(3分59秒、両軍リングアウト)
セミファイナル シングルマッチ
vs
リック・フレアー(NWA王者)
(15分時間切れ引き分け)
第7試合 シングルマッチ
長州力
vs
リック・マーテル(AWA王者)
(15分時間切れ引き分け)
第6試合 タッグマッチ
天龍源一郎
タイガーマスク
vs
ミル・マスカラス
チャボ・ゲレロ
○天龍源一郎(10分40秒、片エビ固め)チャボ・ゲレロ×
第5試合 タッグマッチ
キラー・カーン
谷津嘉章
小林邦昭
vs
テリー・ゴディ
ザ・グレート・カブキ
アート・クルーズ
○キラー・カーン(6分49秒、体固め)アート・クルーズ× 両国で行われるカーン-カブキの前哨戦。
しかし6人タッグなのに7分弱で終わるというのは忙しい。やはり生中継というのは厳しい。
第3試合 シングルマッチ
×仲野信市
vs
ビル・ロビンソン
6分16秒、片エビ固め

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。